マットレスと使用されている素材

マットレスはベッドの内部に設置して設置するのが一般的ですが、布団の下に敷いて使用できるタイプのものもあります。

どのような寝具にでも気軽に使用できるので、和室の多い日本の住宅にも適しています。布団用のものの多くは内部にウレタンが使用されています。そのために、軽さがあるのが特徴で、持ち運びもしやすいために、布団をたたむときに一緒に押入れにしまえるようなコンパクトなものもあります。折りたたんで収納できるものあるので、収納スペースが限られているような住宅でも使用しやすいのがメリットです。

ウレタン製のマットレスは値段が手ごろなことも、購入しやすいので人気があるポイントです。厚さのあるものを好まない人にも人気があります。その一方でウレタン製のものよりも値段が高くなりますが、よりしっかりとした寝心地があるので人気があるのがスプリングタイプのものです。スプリングタイプのものはベッド用として作られているものも多いのですが、布団の下に敷いて使用できるタイプもあります。スプリングの感触と布団用の手軽さをあわせもった便利なマットレスです。

マットレスの中には天然の素材が使用されているものもありますが、パームを使用したものが広く販売されています。パームはやしの実から作られた繊維で、ウレタンやスプリングとは異なった独特の寝心地があります。自然の繊維を使用しているので、体にもなじみやすくなっているため、介護用のベッドなどにも広く使用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *