古いマットレスを処分する方法

大型で重量のあるマットレスは、ごみの分別では「粗大ごみ」に当たります。

そのためウレタン製のマットレスでも、そのままでは燃えるごみに出すことはできません。小さく解体すれば可能ですが、かなりの手間と時間が必要です。ごみとして処分するなら、市町村が指定する場所まで運んで処分してもらうことになるでしょう。その際は1、000~2、000円ほどの費用が掛かります。運ぶ手段が無い場合には、依頼するとに来てくれる市町村もあるようです。

困ったら市役所のホームページなどを確認してみるのがいいと思います。また民間の廃品回収サービスに依頼すれば、運び出しから運搬までスタッフが行ってくれます。費用は高くなりますが、処分の手間はかなり少なくなります。マットレスの状態によっては、買取と言う形で引き取ってもらえるかもしれません。そうなれば処分費用が少し安くなるでしょう。まずは見積もりを依頼し、そのうえで検討することをおすすめします。

リサイクルショップに持ち込み、買い取ってもらうという方法もあります。最近は出張買取を行うネットショップも増えているので、利用すれば家から出ることなく処分することも不可能ではありません。ただし、中古のマットレスには値段が付きにくいという声もあります。実際、使用感がかなり少ないものでなければ値段を付けてもらえないようです。長年使用したものやスプリングが破損したものなどは、最初からごみとして処分したほうがいいと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *