人生の3分の1はマットレスで過ごす

人生の3分の1はベッドの上で過ごすと言われることがあります。

これは意外と盲点をついており、単に眠っているだけでなく、どのように眠っているのかが大切であることを教えているわけです。子どものころは、どんなベッドや布団でも関係がなく眠れたものですが、大人になると寝具に良し悪しによって良く眠れたり、眠れなかったりするものです。そのようなときに、人生の3分の1はベッドの上で過ごすという言葉がよくわかるものです。

そして、それだけ多くの時間をベッドの上で過ごすわけですから、できる限り良いベッドで過ごしたいと考えるのではないでしょうか。そのような思いを持って、改めてベッドを見てみると、安いものから高いものまで、実に様々なものがあることに気が付かされるのです。ベッドと言っても、具体的にはマットレスの良し悪しが眠りの質を決定します。眠っている間、体を支えているわけですが、どのように支えているかが眠りの質に大きく関係してきます。

マットレスによっては、柔らかすぎてうまく体を支えきず、腰の部分が沈み込んでしまう場合があります。そうなると腰の部分の血行が悪くなり腰痛の原因となる可能性があります。また逆にマットレスが硬いと、腰や肩に体圧がかかり、やはりその部分が朝痛くなってしまいます。品質の優れたマットレスというのは、そのようなことがありません。眠っている姿勢が良く、一部に体圧が集中することがないように、よく考えられています。少々高くても、劇的に眠りの質が変わりおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *