高反発と低反発のマットレスの違い

マットレスには高反発タイプと低反発タイプがあります。

両者の違いはその名の通り、反発力が強いか弱いかという違いなのですが、しかし実際に使用してみると、それ以上に奥深いものがあります。高反発タイプは身体は不自然に沈むことなく、しっかりと支えてくれます。反発力があるので、寝返りもとてもうちやすいです。しかし、体の一部が痛くなるということはありません。

これは体圧分散がうまく機能しているからです。これに対して低反発タイプは柔らかいスポンジ状のマットレスを想像するかもしれません。しかし、触ってみると思っている以上に硬くてびっくりすることでしょう。そしてゆっくりと沈み込んでいきます。単に柔らかいのとは明らかに異なり、特殊な素材でできていることがわかります。もともとNASAで衝撃を吸収するための素材として使用されていたものを、マットレス用に応用したものが始まります。

じわっと沈み込んでしっかりと身体を支えてくれるので、不自然な姿勢になることはありません。その寝心地の良さはまさに未体験のものです。ただ高反発タイプに比べると寝返りはうちにくく、重たいという欠点があります。また暖かいと柔らかくなり、寒いと逆に硬くなってしまい、かつマットレス自体も冷たくなってしまいます。

どちらのタイプがおすすめであるかは個人差があり、一概に言うことができません。高反発あるいは低反発もどきの格安のマットレスも販売されていますが、質の高さはある程度価格に比例しますので、その点は注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *