眠りの質を左右するマットレス

健康にとって重要なのが睡眠です。

睡眠不足になると体の疲れが取れず蓄積されていきます。免疫システムも弱くなるので、病気にかかりやすくなります。さらに認知機能が低下しぼんやりしてしまったり、血圧の上昇も招きやすくなります。これ以外にも様々な悪影響を与えかねないのが睡眠不足です。そのため規則正しい生活を心がけ、決まった時間に眠るようにすることが大切です。しかし、規則正しく眠っていても、質の良い睡眠がとれないと同じような結果を招きかねません。

ただ眠るのではなくいかに深く、質の良い睡眠を取ることができるのかが重要なのです。では、どうしたら質の良い睡眠を取ることができるのでしょうか。大きな鍵を握っているのが実はマットレスなのです。ベッドでも、敷布団でもマットレスが眠りの質を決定するといっても過言ではないのです。たとえばベッドであれば、硬すぎても良くありませんし、柔らかすぎても良くありません。その人の体格にあったものを選ぶことが大切です。

また10年以上同じマットレスを使い続けていると、いつのまにか寿命が過ぎて変形してしまっていることが少なくありません。変形してしまうと、正しい姿勢で眠ることができませんので、結局朝目覚めると腰や肩が痛んだりします。10年程度のサイクルで買い替えることや、自分にあったものを選ぶということ、この2つを意識するだけで睡眠の質に劇的に変わるかもしれません。睡眠が重要であることがわかれば、多少マットレスにお金をかけても損はないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *