マットレスを比較検討して自分にピッタリを見つけよう

一口にマットレスといってもさまざまな種類が用意されていて、どれを選んだら一番安眠できるのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

一日のうちに多くの方が7時間程度を過ごす寝室では寝具類は、誰の生活にも無くてはならない存在です。しかし以前なら布団を畳の上に敷いて寝ていた生活も、いつの間にか洋風化してたくさんの方がベッドを使っていたり布団をマットレスの上に敷いたりしています。ところが人によって求める寝具の硬さや厚みなどは違いますから、単純に比較することは難しいのが実際のところなのです。

そのため寝具の専門家の意見を元に比較して選んだものでも、身体が休まった感じがしないこともあります。そこでマットレスを選ぶときには、ただ単に高反発や低反発など最新の素材に振り回されないようにすることも重要です。そしてマットレスをどこで使うかどんなふうに使うかによっても、必要な厚みや硬さなどは違ってきます。

たとえば今までベッド用は腰が沈まない程度の硬いものが良いとされていましたが、現在では身体が真っ直ぐになるように頭と背中と腰や尻などがそれぞれ具合良く沈む程度が良いと考えられるようになりました。またベッドフレームの上で使うのか、逆にマットレスの上にさらに敷くものなのかなど、使い方によっても比較する必要が生じるのです。そのため出来るだけ売り場に出向いて、並べられているお試し用で寝心地を確認してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *